海外ドラマ

ホワイトカラー(WHITE COLLAR)の口コミ・評価・レビュー


  • ユーザーの評価
  • Rated 4.53 stars
    4.53 / 5 (15 )
  • 90.6点

ホワイトカラーって、どんな海外ドラマ?

もしも、怪盗ルパンと銭形警部が手を組んで犯罪捜査に乗り出したら…?そんな奇想天外な「ルパン三世」があったら面白いかもしれません。敵か味方か渾然一体(こんぜんいったい)となったストーリーをお探しでしたら、こちらの海外ドラマがおすすめです。

「ホワイトカラー(WHITE COLLAR)」はアメリカで製作された海外ドラマシリーズで、2009年から2014年にわたり放送されました。伝説の天才詐欺師が、腕利きのFBI捜査官と組んでニューヨークにまん延する知的犯罪を解決していくというストーリーです。

日本での放映は?
地上波ではテレビ東京で、2014年10月から2017年10月にかけて、「ホワイトカラー」(シーズン1~6)が放映されています。ちなみに、このときの海外ドラマタイトルは「WHITE COLLAR 天才詐欺師は捜査官」という邦題でした。日本語吹き替えには、高橋広樹や池田秀一といった人気声優が担当しています。

「ホワイトカラー」はこんなストーリー展開の海外ドラマ

天才とうたわれた詐欺師のニール・キャフリーは、逃亡中にFBIの捜査官であるピーター・バークに捕まってしまいます。けれども、そこは百戦錬磨の詐欺師。あらゆる知的犯罪に精通しているスキルをちらつかせて、犯罪捜査の協力を申し出ます。ただし、それと引き換えに釈放してほしいと。

FBIの監視下という条件付きながらも自由を手に入れたニール。ここから「ホワイトカラー」という海外ドラマは始まります。犯罪者ならではの知識と経験を存分に発揮するニールと、真摯に犯罪に立ち向かうピーターとのコンビで、数々の犯罪解決に乗り出していきます。

二人の間には次第に信頼関係も芽生えていきますが、裏切りと不信感も完全にはぬぐいきれず…といった展開です。

海外ドラマ「ホワイトカラー」の登場人物

それでは、ここで海外ドラマ「ホワイトカラー」に登場する主要人物について紹介しておきましょう。

登場人物 役柄
ニール・キャフリー 天才詐欺師からFBIの捜査チームに加わる。
ピーター・バーク やり手のFBI捜査官。ニールとコンビを組み犯罪解決を進める。
エリザベス・バーク ピーターを公私ともに支える妻。
モジー ニールと裏社会で親交が深い友人。海外ドラマ「ホワイトカラー」の陰のキーマン。
ケイト・モロー ニールの恋人であったが、乗っていた飛行機が爆破され亡くなる。
アレックス・ハンター ニールと昔から顔馴染みの女泥棒。

 

海外ドラマ「ホワイトカラー」の見どころ

海外ドラマとしては、日本でもなかなかの高評価を得ている海外ドラマ「ホワイトカラー」。その人気の秘密は?以下のポイントをチェックしておくと、楽しさも倍増です。

主人公二人のキャラクター

端整な顔立ちにソフトな物腰と、ウィットに富んだ会話を武器にして、どんな人の心もつかんでしまう元犯罪者のニール・キャフリー。一方、彼が捜査協力をすることになった相手は堅物のFBI捜査官ピーター・バークというまったく好対照な人物です。

二人のコンビネーションが生み出すユニークな魅力が海外ドラマ「ホワイトカラー」を特徴づけています。

信頼できるか?できないか?

もともと警察と犯罪者という相反する立場のピーターとニール。ドラマの展開で、ニールの行動に不可解な場面も多く、これにピーターも時おり不信感を募らせます。

心の底から信用することができないもどかしさを抱えるピーター。すんでのところで、悪の道への衝動から引き戻されるニール。心の葛藤を象徴するような数々の場面も、海外ドラマ「ホワイトカラー」の見せ場といってもよいでしょう。

Rated 4.53 stars
4.53 / 5 (15 )

90.6点




No one has rated this (2) stars No one has rated this (2) stars





※フォームが閉じている場合はこちらのページから投稿してください。

15 Comments

Write a Review

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


最新の記事

美コミ-bikomi.jp-は、感度の高い女性が気になる様々なジャンル(美容、コスメ、グルメ、デートスポット、趣味)のお店や商品、サービスの口コミ・評価・レビューを集めたサイトです。

カテゴリー

Copyright © 2016 美コミ ALL Rights Reserved.

To Top